FC2ブログ

FC2プロフ

最新記事

記事のテーマ一覧

お好きなテーマを選んでください

アクセスカウンター

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

人気サイトランキング

ランキングボタンお願いします
うどん屋目指した!ことがある 本庄くん

おきてがみ

FC2拍手ランキング

あし@

最新コメント

CustomRssReader

Yahoo!ニュース、はてなブックマーク、ニコニコ動画、このプラグイン作者のブログからの新着情報です。

最新トラックバック

月別アーカイブ

RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

頭皮の乾燥

こんにちは。

加齢による衰えに、日々立ち向かっている本庄です。

今日は、頭皮の乾燥についてです。

  ・頭皮が乾燥してフケが出てしまう・・・。黒い服が着れない。

  ・しっかりシャンプーしているのに、フケが気になり、かゆい。

  ・アトピーだが、どんなシャンプーをつかったらいいのか・・・。

など、頭皮が乾燥して悩まれている方は、結構いらっしゃるかもしれません。

その原因は様々です。

自分の頭皮が乾燥する「原因」をしっかりと見極めることから始めましょう。

「原因」を突き止めてから、適切な対策をとることが改善への近道になるはずです。


「シャンプーが原因」の場合

皆さんは、きっとお気に入りのシャンプーをご愛用していることと思います。

豆知識として、一つ。

  「スーパー」や「ディスカウントショップ」で売られているシャンプーのほとんどが、

  実はかなり洗浄力の強い「石油系」のシャンプーだったりします。



シャンプーには大きく分けて 3つ 
ありますので紹介します。


「石油系シャンプー」・・・・・・・・・・安価で洗浄力は強いが、肌に残ると悪影響があることも。

「石鹸系シャンプー」・・・・・・・・・・肌には優しいが、髪の毛の洗い上がりがごわごわする。

「アミノ酸系シャンプー」・・・・・・・肌に優しい、洗い上がりがいい、けどちょっと高め・・・。


ざっくり分けますと、こんな感じだと思います。

それぞれメリットとデメリットがありますよね。

もし、頭皮の乾燥でお悩みでしたら、石油系のシャンプーは避けて、

できるだけ石鹸系かアミノ酸系のシャンプーを使用した方がよいです。



頭皮は、洗いすぎると必要な皮脂までもが剥がされてしまいます

逃避のトラブルが出始めたらどうするか?

まずは「頭皮に優しいシャンプー」を使用するようにしましょう。



「合成界面活性剤入りのシャンプー」を使っている方は、いらっしゃいますか?

人によっては、「合成界面活性剤入りのシャンプー」が、頭皮の乾燥の原因となっている場合があります。

「合成界面活性剤」は頭皮の保湿力を奪ってしまいます。

皮膚のバリアを低下させる恐れがあると言われています。

保湿力が無くなるということは、乾燥してしまうことにつながりますので、元々肌が敏感で、

乾燥しやすい体質の方には、「無添加シャンプー」を試してみてはどうでしょうか。

星の数ほどあるシャンプーですから、根気よく試してみて、成分をよ~く調べてみることで、

自分に合ったものがきっと見つかるはずです。



「洗髪の方法が原因」の場合

シャンプーのやり方は人それぞれのやり方があることと思います。

特に誰に教わるわけでもないですよね。

ましてや、正しいやり方をしているのかどうか?

わからないものです。

ダメな例は、

「爪を立てて洗う」・・・・・・頭皮に傷がつく。最悪の場合、ばい菌が入って化膿してしまうことも。


「洗い流しが足りない」・・・・頭皮にシャンプーやリンスの成分が残ってしまっている。


等は、注意が必要です。


頭皮がかゆかったりすると、つい爪を立てて頭皮をひっかき回すように洗ってしまうのはよくわかります。

すごく、気持ちいいですよね

ですが・・・

それだと非常にダメです!

正しい洗い方としては、指の腹を使ってマッサージするように頭皮を洗います。

また、「シャンプー」を頭につける前に、少し泡立てておくことがポイントです。

そして最後に、きちんとすすぎます。

リンスもきっちりすすいで、できるだけ頭皮には何もついてないような状態にするのが理想的です。

洗った後はきちんと乾燥させてから寝るようにしましょう。

濡れたままでいると、そこから雑菌が繁殖してしまうことがあります。

シャンプーを肌に優しいものに変えること。

プラス、洗髪方法もきちんとすることで、だいたい乾燥もよくなると思います。


「頭皮にトラブルがある」場合

原因がシャンプーでもなくて、洗髪のやり方でもなかった場合は、

きちんとお医者さんに受診するようにした方がよいです。

皮膚科に行って診てもらいましょう。

まずは原因を突き止めることです。

原因がわかれば、それ相応の薬も処方してもらえるはずです。

どんな症状も、早期に発見したほうが回復は早いはずです。

まずお医者産に電話を一本入れてみましょう。

「頭皮のことで〇〇〇な症状で、▲▲なんですが、診てくださいますか?」

など、まずは電話で症状の説明をしてから

それでもOKという皮膚科に行くと安心ですよね。

今日はここまで。

関連記事:頭皮の柔らかさ
関連記事:髪の色素
関連記事:頭皮の状態が大切
関連記事:薄毛には、なにを摂取すればいいの?
関連記事:薄毛には、バランスの良い食事を
関連記事:
抜け毛はなぜ起こる?
関連記事:
髪が生える環境をつくろう

スポンサーサイト

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。